便秘の撤廃に効く食材は案の定それ!

近年何やら便秘気味でたえず腹部がスッキリしません。

お水を大勢飲んだりウォーキングしてみたりといった多々試してみたのですが、むしろ夕食から見直さなくてはいけないようです。

なので、何が最良効果的なのか一度調べてみることにしました。

便秘には食物繊維が相応しいは知っていましたが、食物繊維には水溶性といった不溶性といった2つのカテゴリーがあり、それをバランスよくとらなくてはいけません。

水溶性を手広く取る結果便が柔らかくなりお通じが楽になります。

不溶性は便のボリュームを足し、かつ腸の動きを活性化させる働きがあります。

私の場合はしょっちゅう気付けば不溶性のものばかりを積極的に食べていたように見なし調べてみて自省しました。

では水溶性の食物繊維は何かと言えば海藻連中やリンゴ、アボガドなどです。

早々その日から朝ごはんは通常リンゴといった乳の料理を続け、サラダも海藻サラダを通常食べるようにしました。

そうして他にも大根には便秘に効く酵素が含まれていることをわかり、大根おろしとして積極的に摂るようにしました。

おやつはヨーグルトにプルーンを3粒入れて摂ることをルーティンとしている。

これらを1週ほど積み重ねるだけでびっくりするほど便秘は解消されて今ではいつでもお腹はスッキリだ。

さすがご飯って肝心ですな、といった再び実感しました。Dr.Dekisugi 体験談

コメントは受け付けていません。