損傷!好条件イヤホーンの用量

久しぶりにヘッドホンを買いました。

約10000円、なんだかの高価格帯だ。

トリガーは、文字用のテープ齎しでした。

記録ときの体積が小さかったらしく、添付のヘッドホンでは何だか聞き取る事が出来なかったのです。

悩んだ末日、「高品質なヘッドホンなら聞こえるかもしれない」って一縷の望みにかけました。

結果は、大成功!

どういう小声もばらす時無く、敢然とわかる様になりました。

むしろ、レコーダーの隣席でペーパーをまくる調が、騒がしく感じた辺りだ。

のち、好きな美術家の曲を聴いて、二度と驚きました。

今まで意識していなかった歌詞やドラムの調が響き、臨場印象が激しいのです。

かなりのデラックス心配りですが、相当合格しました。

ところで、携帯ミュージックプレーヤー市場は、ざっくりと「ウォークマン派」という「iPod派」に分かれていると思います。

可笑しいのは、iPod派は携帯や端末などもMacで統一している事が数多く、ウォークマン派はMac「他」を選択しがちな地点だ。

構想やわかりやすさなど、重視する転機が違うのかもしれませんね。

あんな自分はウォークマン派だ。

学生時代から使い続けてあり、なじみ奥深いだ。

新品のヘッドホンと共に、これからも愛用していきたいだ。フラコラ ホワイテスト

コメントは受け付けていません。