‘2016/08’ カテゴリーのアーカイブ

ある作品を読んで

2016/08/01

私には最近ハマっている漫画があります。
それは、志村志保子先生の「名づけそむ」と言う作品です。
この作品は、「名前」をストーリーの軸にしたオムニバス形式でお話が進んでいきます。
前から志村志保子先生のお話は読んでいて、どの作品も心につきささるような、優しい中にも辛辣な現実が混ざっていて、すごく印象に残ります。
特に最初のお話に感動しました。
娘と夫を捨て、家を出て行った経験のある女性が何年かぶりに娘と再会します。
娘は今度結婚するので、その母親である女性に結婚式に出て欲しいと言います。
驚いた女性でしたが、正直な気持ちとしては、長年離れて暮らしてきた娘の結婚式に出席できるなんてすごく嬉しい、と言うのが本音です。
洋服も揃え、結婚式の日を待つ日々を過ごしていた女性でしたが、職場に元夫が現れます。
夫は女性に結婚式には出ないで欲しい、もう関わり合いたくないと言われてしまいます。
読み進めていく内に、女性に感情移入して、夫が来た時にはドキドキしました。
そして結局結婚式には出席できない結末で、これからも一人で生きていく姿に、気持ちが締め付けられました。
最後に娘が職場に来た際、領収書にわざと名前の漢字を間違えて書いて渡します。
もう会うことはない、という象徴なのだと思います。
現実では全員が笑って終わる毎日など、ないのだなと実感しました。
まだまだ感動するお話が入っているので、多くの人に読んでもらいたいです。アトピスマイルクリームってこんな感じ!

Bookmarks
Archive